ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

企業・団体様向け

企業・団体様向け

オススメ研修および講演

●モチベーションアップのセルフコーチング研修●管理職のためのセルフコーチング研修(部下の育成指導法)●チームビルディング研修●女性や若手部下の育成指導法研修●好感度アップのプレゼンテーション研修●アサーティブコミュニケーション研修●クレーム対応研修●メンタリング研修●ライティングコーチング研修●目標管理のためのコーチング研修●ラインカウンセリング研修●リーダーシップコーチング研修●ファシリテーション研修●その他



【企業研修テーマ】
所要時間:半日、1日、2日


●モチベーションアップのセルフコーチング研修●
「自らやる気を引き出し、仕事を楽しめる社員を育てたい」
「もっと会社や組織に貢献できる人になるには」


セルフコーチングとは、自分が自分のコーチとなってモチベーションをアップさせ、夢や目標を叶える手法です。今よりももっと元気に、そしてワクワクするような毎日を送るためのコツとは。自分らしく輝くために、そして会社や組織に貢献できる人になるために、今後の目標設定および行動プランの作成まで行います。


1.オリエンテーション
研修の狙いを明確にし、受講意欲を高めます。

2.コミュニケーションスキルの習得
職場で日常生活で、円滑な人間関係を築くためのコミュニケーションマインドとスキルを習得します。

3.セルフイメージを高める
自分理解を深め、さらに自己肯定感を高めるためにセルフイメージについて考えます。

4.強みを活かす
自らの強みを考え、さらに増やす事で自己肯定感を高めます。視点をかえて、自分らしさを探求すること、過去の体験を振り返ること、人からのフィードバックをもらうことなどを行います。

5.価値観の明確化
仕事を遂行する上で大切にしている事、自らの価値基準を考えます。より仕事を楽しくするコツを知ります。

6.未来をビジュアライズする
輝く自分であるためのBeingとDoingを考えます。理想的な未来を明確にイメージします。

7.まとめ

●管理職のためのセルフコーチング研修(部下の育成指導法)●
「部下育成指導を円滑に行うためのコミュニケーションスキルを身につけたい」
「管理職としての軸を定め、自己基盤を形成したい」
「自らモチベーションを上げるコツを身につけ、育成指導に活かしたい」

   
上記「モチベーションアップのセルフコーチング」の管理職版です。部下を育成指導する前に、まずは管理職が自己基盤を形成しなくてはなりません。


1.オリエンテーション
研修の狙いを明確にし、受講意欲を高めます。

2.コミュニケーションスキルの習得
職場で部下の育成指導を円滑に行い、関係を深めるためのコミュニケーションマインドとスキルを習得します。

3.セルフイメージを高める
管理職として部下の育成指導をする際の自己基盤を作るためには、自己肯定感が必須です。まずはセルフイメージについて考え自己理解を深めます。

4.強みを活かす
自らの強みを考えさらに増やす事で自己肯定感を高めます。視点をかえて自分らしさを探求すること、過去の体験を振り返ること、人からのフィードバックをもらうことなどを行います。同様に部下の強みを活かすことの重要性を理解します。

5.価値観の明確化
仕事を遂行する上で大切にしている事、自らの価値基準を考え、同様に部下の価値観も推測します。部下がより仕事を楽しむコツを知り、管理職としてどのようにかかわっていくべきかを考えます。

6.未来をビジュアライズする
自分らしい管理職とは何か?BeingとDoingを考えます。理想的な未来を明確にイメージします。

7.まとめ    

●チームビルディング研修●
「チーム一丸となって力を発揮するには?」
「活き活きと働ける組織活性化とは?」
「成果を出す組織とは?」


単なる「グループ」ではなく、共通の目的を持って同じ方向を向き、意思疎通のできている「チーム」にするための「考え方」や「やり方」を学びます。チームビルディングにより、メンバー一人一人が活き活きと輝き、組織が活性化し、その結果業績向上します。


1.オリエンテーション
研修の狙いを明確にし、受講意欲を高めます。

2.チームビルディングとは
組織活性化に必須のチームビルディングとは何か、チームとグループの違いやチームビルディングのメリット、チームビルディングを成功させる要素などを理解します。

3.リーダーとして、自己基盤を高める
リーダーとして「見せる」ことの重要性を理解します。

4.価値観の多様化と明確化
ゲームを通して、物事のとらえ方や価値観の多様化を理解し、受容と共感の姿勢を学びます。

5.リーダーとして部下との信頼関係を構築する
コミュニケーションスキルを使うには自己開示とフィードバックを行い、信頼関係の構築が大前提であることを理解します。

6.コミュニケーションスキルの習得
演習を通じて正しく効率的に教える難しさや部下の話に耳を傾ける姿勢と認めることの大切さを学びます。また安心感を与える伝え方や働きかけを学びます。

7.チームビルディングを高める
ゲームを通して、チームで成果を上げるポイントを考察します。

8.タイプ別のコミュニケーション
自らのタイプを知り、また部下のタイプにあわせた対応の重要性を理解します。

9.リーダーとしてのBeing、Doing
リーダーとしてのあり方、やり方を考えて発表します。

●女性や若手部下の育成指導法研修●
「女性部下の扱い方がわからない」
「最近の若い人の考えが理解できない」


女性と男性の考え方の違いや特徴をふまえたコミュニケーションのとり方を学びます。たとえば、女性のほうが感情的になりやすかったり感情表現が豊かだったりするのは、脳の違いにより女性のほうが感情に関する情報をたくさん流せるからです。つまり女性を動かすには論理的YESの前に感情的YESが必要なのです。


1.オリエンテーション
研修のねらいを明確にして、受講意欲を高めます。

2.女性のやる気を引き出すために
女性のやる気を引き出すためには、私たちの働きかけが大きく左右することを理解します。

3.上手なほめ方
脳の自己評価に関する回路を発達させている女性の頑張りの原動力は、周りからの承認です。またほめるだけでなく、上司の素直な気持ちを感謝と共に伝えたり、相手の存在そのものを認めるような投げかけも効果的です。

4.上手な聴き方
言語能力が発達した女性は話すことで快楽ホルモンのドーパミンを活性化させます。つまり話を聴くことは最も女性部下のやる気を引き出す確実な方法なのです。相手が心を開いて話してくれるようなきっかけ作りから始まり、効果的な質問の仕方、建設的な会話をするための聴き姿勢などを理解します。


5.上手な伝え方
女性の感情的YESを得る伝え方は「何を言っているか」より「誰がどのように言っているか」です。また叱る場面での上手な伝え方も理解します。

6.ケーススタディー
職場で実際にありがちなケースを設定し、ロールプレイングを行います。

7.まとめ
本日の学びを活かして今後実践したいことなど目標を設定します。

●好感度アップのプレゼンテーション研修●
「好感を持たれるプレゼンテーションとは?」
「上手にプレゼンしたのに、なぜか受け入れてもらえない」
「人前で話すことの苦手意識をなくしたい」


相手はあなたが「何を話すか」の前に「どのように話すか」に注目しています。自分の強みを活かした、あなたらしいプレゼンスマネジメントを考えます。第一印象を良くし、好感度120%の見た目や話し方のポイントを習得します。


1.オリエンテーション
研修の狙いを明確にし、受講意欲を高めます。
VTR撮影で現状の強みと改善点を客観的に把握します。

2.プレゼンテーションとは
単なるスピーチではないことを理解します。相手を動かすための3つのポイントを学びます。

3.プレゼンテーションする際のデリバリースキル
聴衆は「何を話すか」の前に「どのように話すか」に注目しています。表情、視線、声、ジェスチャー、距離感などプレゼンテーションの成功を左右する視覚情報と聴覚情報に焦点を当てます。

4.プレゼンテーションする際のコンテンツスキル
聴衆のメンタルモデルにそった、簡潔で分かりやすい文章構成法を学びます。

5.緊張感の緩和法
いかに緊張を味方につけて実力を発揮するか、そのポイントを理解します。

6.総合ロールプレイング
VTRチェックにて客観的に把握した自分のプレゼンテーションをふまえ、再度演習を行います。強みを活かした自分らしいプレゼンテーションの型を作ります。

●アサーティブコミュニケーション研修●
「自分の考えが上手に伝えられない」
「言いにくいことを感じよく相手に伝えたい」
「相手の言いたい事がよくわからない」


自分の気持ちや考えを「的確」に表現し、また相手の思いや意見を「正確」に受け取る技術を学びます。自分も相手も犠牲にする事のないWINーWINの関係を築くコミュニケーション術を学び、ストレスの少ない環境を自ら作り出します。


1.オリエンテーション
研修の狙いを明確にし、受講意欲を高めます。
自己紹介「日々のコミュニケーションで心がけている事」

2.アサーティブコミュニケーションとは
自分も相手も尊重するアサーティブコミュニケーションの基本的スタンスと心構え、必要なスキルの概要を学びます。

3.信頼関係を築くスキル
相手を承認する言葉や行動が信頼関係につながり、アサーティブコミュニケーションを可能にすることを学びます。

4.聴くスキル
相手の話を正しく聴き受容や共感することの大切さを学びます。

5.伝えるスキル
アサーションの考え方と基本スキルを理解します、自己診断テストにより自分のコミュニケーションの傾向をチェックします。アサーティブに自己主張することでWINWINの関係に近づけること、折衝・交渉も難しくないことを理解します。DESC法やノーマティブ手法など具体的な主張・説得話法やマジックフレーズなど、言いにくいことを上手に伝えるコツを習得します。

6.コンフリクト対策
主張が対立してしまったときの対策法を知ります。

7.ケーススタディー
職場の状況を想定し実践的テーマで実習を行います。また自らの強みを活かした対応を考え、自信につなげます。

8.まとめ

●クレーム対応研修(自治体向け)●
「クレーム対応に関する基本的なステップを理解し実行できるようになりたい」
「自分がつまずきやすいところを把握し、苦手意識を克服したい」
「他職種・他職場の人々と成功体験や失敗体験の情報共有をすることで、新たな視点・幅広い視点を持てるようになり、それを自職場に生かしたい」


1.オリエンテーション
研修の狙いを明確にし、受講意欲を高めます。

2.なぜ、今「クレーム」なのか
クレームが重要視されている社会的背景、クレームの原因と対応の落しどころ、自治体における対応の難しさを理解する

3.クレーム対応に必要な3つの力
型にそったクレーム対応で苦手意識を克服します。

4.ステップ1
クレームを大きくしないためには、表情、姿勢、態度、声のトーンなどが重要です。また使うべき言葉と使ってはいけない言葉を理解します。

5.ステップ2
ペーシングや反復の技術を用いて、心情理解し共感していること、事実や要望を正しく把握したことを伝える方法を学びます。

6.ステップ3
協力依頼や代替案の提示など、アサーティブに話して伝えて説得する手順を理解します。100%満足させることはできないと心得ます。

7.体験から考えるクレーム対応のポイント
今までの成功体験や失敗体験の情報共有をすることで、クレーム対応におけるポイントを整理します。

8.ケーススタディー
実例をもとにロールプレイングを行い、互いにフィードバックし実践力を身につけます。

●メンタリング(メンター制度導入研修)●
「メンター制度って何?」
「制度を導入したいけれども、どうしたらいいの?」


制度導入にあたり、メンターとして必要な心構えおよびスキルを習得します。メンター自身の自己基盤を高める方法も考えます。またメンティー向けにはメンタリングされる心構えとスキルをお伝えします。制度設計から導入研修、その後のフォローまで、すべてご相談ください。

●ライティングコーチング研修●
「自分の思いが相手に伝わらない」
「自分らしい魅力的な文章が書けない」


「何について書くのか」「一番言いたい事は何か」「なぜそういえるのか」など、文章の骨子を定め、読み手を意識した、相手に伝わる文章術を学びます。セルフコーチングによって「思い」「あなたらしさ」を引き出し、それを正確に、そして味わい深い文章で表現するコツを学びます。

●目標管理のためのコーチング研修●
「目標管理制度を導入したけれど、うまく機能していない」
という悩みにお答えします。


目標管理制度を有効に活用するためのコーチングです。社員のモチベーションアップにつながるような目標には、定量的なものと定性的なものがあります。それぞれの上手な目標の立て方、進捗状況のチェック法、および面談のスキルを習得します。各社の管理シートフォーマットにそって進めてまいります。

●ラインカウンセリング研修●
「部下の気持ちが理解できない」
「どう接したらいいの?」


そんな管理職の悩みにお答えします。部下は評価を欲しているのではなく、共感を欲しています。カウンセリングマインドを学び、相手の立場に立った積極的な傾聴姿勢をつくることで、部下から話しかけてくる環境作りを実現します。部下の発する言葉のみならず非言語情報にも気を配ることがポイントです。管理職自身のストレスマネジメントについても考えます。


●リーダーシップコーチング研修●
「どんなふうにリーダーシップを発揮すればいいの?」
「リーダーは何を求められているの?」


初めて部下を持った人およびプレイングマネージャー向けに、自分らしいリーダーシップ像の確立を目指します。単なるスキルや手法のみならず、リーダーとしての「あり方」に焦点をあて、自己基盤の向上(人間力向上)を目指します。

●ファシリテーション研修(会議力)●
「ダラダラ会議が多い」
「チームのまとまりがない」


1対複数の場で、グループの総和を最大限に引き出すためのスキルを学びます。より多くのアイデアが出やすい環境設定、アイデアの発散、そして収束、論理的に体系立てて共通認識を持つ方法、意見が対立したときの対処法、最後は全員が納得する結果を導き出すまでを学びます。

●その他●
 
「部下育成のためのコーチング研修」
「パワーアップコーチング研修」
「上司との上手な付き合い方、コーチングアップ術」
「協調性向上のフォロワー研修」
「グループコーチング研修」
「OJTトレーナー研修」
「営業職ベストパフォーマンス研修」


【お問い合わせ】




【講演テーマ】
所要時間:1時間~3時間


●モチベーションアップのセルフコーチング(コミュニケーション編)
セルフコーチングとは、自分が自分のコーチとなり、夢や目標を達成する手段です。自らやる気を引き出すポイントをペアワークやグループワークなど、参加型で体感学習していただきます。
1.セルフコーチングとは
2.コミュニケーション上手になるための3原則
3.聞き上手のポイント
4.ほめ上手のポイント
5.タイプ別の対応


●夢が実現するセルフコーチング(自己分析編)
さらに輝いた自分に出会いたい。
毎日をイキイキと楽しく過ごしたい。
セルフコーチングとは、自分が自分のコーチとなり、あなたの夢を自分自身でかなえる近道です。
自分の強みや価値観をもっとよく知って自信へとつなげられるよう自己分析術を身につけます。
自分に自信を持てることでキラキラ輝ける毎日を過ごせるようになるでしょう。
ペアワークやグループワークなど、参加型で体感学習していただきます。
1.セルフコーチングとは
2.できることを増やす
3.やりたいことをさぐる
4.未来をビジュアライズする
5.今がチャンスのとき


●その一言で人間関係はうまくいく~届けよう「I」メッセージ
自分の気持ちや考えを上手く伝えたい
言いにくいことを感じよく伝えたい
私たちが抱えるストレスの大半は人間関係によるものです。
自分の気持ちや考えを上手に伝えて、自分も相手もハッピーになれるコミュニケーション術を身につけます。
ペアワークやグループワークなど、参加型で体感学習していただきます。
1.アサーションとは
2.あなたの陥りやすいコミュニケーションのクセは?
3.ノンバーバルを意識する
4.3ステップで伝えてみる
5.事例「頼む」「断る」


●部下のやる気を引き出すリーダーシップコーチング
リーダーシップとはフォロワーとの関係で決まります。フォロワーとの関係を見直し、やる気を引き出すコミュニケーション術をペアワークやグループワークなど、参加型で体感学習していただきます。
1.今、求められているコーチ型リーダーシップとは
2.コーチングスキルを学ぶ(聴く、質問する、承認する、フィードバックする)
3.職場の事例体験
4.まとめ


●女性や若手社員の育成指導法(女心をグッとつかむコミュニケーション術)
女性と男性の考え方の違いや特徴をふまえ、コミュニケーションのとり方を学びます。男女の違いを理解して部下指導や会話を行うことで、お互いを理解し、相手からの信頼を得て、円滑なコミュニケーションが図れます。
1.女性のやる気を引き出すためには
2.女性からの相談は解決を求めていない?
3.女心をグッとつかむ上手なほめ方


●メンティー育成のためのメンター研修
メンタリングとは、知識経験が豊かな人(メンター)がまだ未熟な人(メンティー)のキャリア成功を目的に行う支援活動のことです。メンターになるための心構えと必要なスキルをペアワークやグループワークなど、参加型で体感学習していただきます。
1.メンターとは
2.メンターの心構え(興味を持つ、自己基盤を高める)
3.メンターに必要なスキル(ティーチングとコーチング)
4.職場の事例体験
5.まとめ


●その他
「職場でのサクセスコミュニケーション」
「HAPPYを生み出すコミュニケーション」


その他ご要望にあわせてカリキュラムを作成します。
お気軽にご相談ください。

 【お問い合わせ】

セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・