ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

セルフコーチング

セルフコーチング

ようこそ、早川優子のセルフコーチングカフェへ♪

セルフコーチングとは?
スポーツ選手にコーチが付いているように、あなたにもコーチがいたら良いと思いませんか?あなたの人生の目標を明確にし、その達成方法を一緒に考え、目標達成までの道のりをともに歩きながら、ときに喜び、ときに励まし支えてくれる。そのコーチ役を自分自身で行うのが、「セルフコーチング」です。

セルフコーチングする上で最も大切なことは「アウトプットすること」です。
 
あなたの考え、思い、感じた事、決めたこと、やりたい事などなんでも、内面に起こっていることを周囲の人に話してみましょう。「セルフコーチング」というと、自分ひとりで頭の中でひっそりと考えて自分自身にコミットメントして、人知れず行動に移すと思われがちですが、そんなことはありません。「無言実行、黙って行動あるのみ!」は、かなりカッコいいですが、でもかなりの精神力が要ります。だから思いついたことは忘れないうちにドンドン周りにアウトプットするのです。
 
アウトプットが効果的な理由は4つあります。
 
 
まず1つ目は、「自分の考えをまとめるため」です。人は頭の中で考えてから話すのではなく、実は人に話すことによって初めて考えられるのです。そしてさらにアイデアをブラッシュアップできます。
友達に悩み事を相談しているつもりが、アドバイスをもらう前に、自分の中で話しているうちに結論が見えてきたなんてことはありませんか?これは「オートクライン」が起こっているからです。
 
「オートクライン」とは、自分が発した言葉が相手の耳に伝わると同時に自分の耳にも伝わってくることです。自分で自分の言葉を聞くことでさらに考えが促進され、次の言葉が出てきます。頭の中で言葉にせずに考えていると、堂々巡りだった事柄も言葉にしてアウトプットする事で整理され、結論が見えてきます。
 
アウトプットの方法としては、「人に話す」以外にも「ブログなどに書いて人に読んでもらう」という方法もあります。「独り言のように話し、録音して、自分で聞きなおす」とか「自分だけのひみつ日記を書く」などの方法もありますが、他のメリットなども総合して考えると、やはり自分ひとりだけの世界でひっそりとアウトプットするのではなく、誰かの目に触れるようなアウトプットが効果的でしょう。
まだ、頭の中でモヤモヤとしているものをアウトプットしてみましょう。何が明らかになりましたか?
 
 
2つ目は、「自分自身へのコミットメントのため」です。
特にオンリーワンになり目標や夢に向かった行動を起こす時、そしてそれを継続する時には有効です。誰でもウソつきにはなりたくないですから、人に話してしまったからには、それを貫こうとする気持ちが働きます。
 
よくダイエットする時には、周りの人たちに宣言した方がいいなどと言いますよね。みんなに知られてしまったから、今までのようにパクパクムシャムシャとご飯を食べるわけにはいかないと思うからです。
「ダイエットして5キロ痩せる!」
「今度こそ英会話の勉強を頑張って続ける!」
などと宣言するのは、人に話しているというよりは、明らかに自分自身へのコミットメントです。
  
さあ、今すぐに誰かにコミットメントしましょう!
 
 
3つ目は「アンテナを立てるため」です。
話すことで、自分の中のレセプターが開きます。レセプターとは、自分に必要な情報やチャンスをキャッチする神経です。レセプターが開くと、今まで気付かなかったことに気付くようになります。今まで見逃していたチャンスを、「チャンス」として捕らえられるようになるのです。

先日新しいパソコンを購入したのですが、「パソコンが欲しいんだよね~」と周りに人に話しているうちに、パソコンに関する情報が非常に目に付くようになりました。新聞の折り込みチラシに量販店の広告がこんなにも毎日たくさん入っているとは知りませんでした。友達が使っているパソコンのメーカーも気になります。どこのメーカが評判いいとか、どの機種が性能いいとか、今まで全く興味のなかった分野の知識がだいぶ身に付きました。
 
私の妹は、「自分が妊娠したとたんに世の中の妊婦が急に増えた」と言っていました。その年だけ、妊婦が特別多いなんてあり得ないのに、自分が妊娠したことでそれに関するレセプターが開いたので今まで気付かないことに気付くようになったのです。

このようにレセプターは、その人が意識しだすと開くのですが、人に話すことで更に確立します。レセプターが開くということはアンテナが立つと言うことです。黙って行動していた時よりもたくさんの情報やチャンスに敏感になり、つかむ事ができるようになるのです。

 
4つ目は、「味方を多く作るため」です。
自分の気持ちや考えをはっきりと本音トークすることで、「あなた」という人間をわかってもらえれば、相手との距離はグッと縮まり、あなたのファンは増えます。最初はあんまり好きなタイプではなかったけれども、ちゃんと話したらとってもいい人で大好きになってしまったなんてことありませんか?たとえばあるトーク番組に出ていた芸能人を見て、その人となりを知り、ファンになったなんてこともありますよね。
 
もちろん、意見の主張だけでなく、目標や夢を語ることも有効です。それを達成する為に味方になってくれる人がたくさん出来ます。誰だって、頑張る人を応援したいんです。有力な情報を教えてくれたり、気にかけてくれたりします。
 
私は独立する時、なるべくたくさんの知人に「独立する事にしました~」て宣言して廻りました。言っちゃったからには本当に独立して成功しなきゃという自分へのコミットメントでもありましたし、独立したらどんな事をやりたいのか、そのビジョンを話すことで自分の考えを整理したいという理由もあったのですが、私の予想以上に多くの人から暖かい声援をもらい、味方がたくさんできたことには驚きました。
 
「何か私に出来る事があったらなんでも言ってね」と言ってもらいました。知り合いの税理士さんは、独立したばかりの私に、自分の大切なお客さんを紹介してくださいました。以前の職場で知り合ったコンサルタントの先生はご自分が主催している異業種交流会に呼んでくださいました。昔の職場の先輩は、自分の会社の研修講師として私を上司に推薦してくれました。研修講師として尊敬している先輩は、自分の研修のアシスタントを任せてくれました。学生時代からの友達は、今後青色申告しなければならない私に、会社を休んでまで日常の経理業務を教えに来てくれました。デザインの得意な友達は、会社パンフレットを作ってくれました。パソコンの強い友達は、何かにつけて会社にまで連絡して質問してしまうパソコン音痴な私に、嫌な顔ひとつせず懇切丁寧に教えてくれました。妹は、本を出版した時には自分のことのように喜んでくれ、本屋さんで私の本を見つけるたびに購入してくれました。親戚の伯母は本を大量に購入してくれ、知り合いに配り歩いてくれました。社労士の仲間は、出版祝いパーティーをしてくれました。出版祝いに立派なお花とお手紙をくれた友達もいます。前から欲しいと思っていた手作りアクセサリーを送ってくれた友達もいます。私のセミナーに参加してくれた友達もいます。私のブログを毎日読んで励ましのコメントをくれる人もいます。1人で仕事をしていると孤独を感じて凹むことも多々有るのですが、そんな時いつでも付き合ってくれる人もいます。今後私にとって強力な人脈となるであろう人たちを、機会を見つけては紹介してくれる人もいます。
 
ほんとにまだまだたくさんの人がたくさんの応援をしてくれ、ここまで来たなあと思うのです。自分ひとりの力では何も出来ないとつくづく思うのです。
 
私にはたくさんのサポーターがいます。「ありがとう」と言葉にしてしまうと、なんか、とっても軽くなってしまって、私の気持ちをとても表せないと思うのですが、でも、本当に本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。
 
こういう周りの人たちのありがたい協力は、私がアウトプットしたから得られたものです。協力して欲しいからアウトプットしたわけではないけれど、でも結果としては、とてもよかったと思っています。
 
 
以上4つの理由から、私はセルフコーチングにおいて最も大事なことはアウトプットすることであると感じています。

さて次に、みなさんが不安に思うことは、以下のようなことではないでしょうか?
 
「アウトプットするって言ったって、何を話せばいいのかわかんないよ。」
「そんなに人に話す機会なんてないよ。」
 
まさにそうですね。専属コーチでもいない限り、普通の人はそうなかなか人に話す機会は持てないかもしれませんし、話す内容だってネタが尽きてしまいます。
 
でもこの4つのメリットを実感するために最も大切なことは「毎日考えアウトプットすること」です。1週間に1回1時間考えるよりも、毎日5分ずつ考えてアウトプットするほうが何倍も効果が期待できます。
 
そこで考え出したのが
 
●セルフコーチング定例会
●「かってる会」の世界初携帯制セルフコーチングサービス 
なのです。
 
「セルフコーチング定例会」では毎月1回、メンバーが集まり、グループコーチングすることでモチベーションの維持を図ります。人をコーチングできるようになると、自分のこともコーチングできるようになります。
私が最もオススメできる方法です。
 
また遠方の方、もっと手軽にと考える方には「かってる会」の世界初携帯制セルフコーチングサービスをオススメします。
 
考えるネタは毎朝あなたの携帯に配信されます。通勤途中に電車の中で、トイレの中で、お風呂の中で、仕度をしながら、ほんのちょっと空いた時間に考えることが出来ます。そしてアウトプットの手段としては、かってる会の手帳に書き込む以外に会員サイトにアクセスし、いつでも投稿できます。会員みんなが見ていますし、それに対する反応もあったりしますから、アウトプットする絶好の場です。自分から積極的にアウトプットの場を作っていかないと成功はしません。短時間でもいいので毎日考えアウトプットすることを習慣化しましょう。
 
アウトプットする「機会」も「内容」もかってる会が提供いたします。あなたはそのシステムを最大限に活用してセルフコーチングすることで、楽しみながら着実にオンリーワンに近づいていることを実感できることでしょう。

セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・