ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

「本気の期待」を言い続ける

昨日、埼玉県主催のウーマノミクスシンポジウムに参加しました。
そこでゴールドマンサックス証券のキャシー松井氏や
女性活用を積極的に行っている企業のパネラーの方々の話を聴いていて、
様々なことを感じました。

優秀で意欲のある女性たちを長期にわたって活用し、
企業も活性化するためには、

まずは「ハード面の整備」が不可欠です。

産休、育休、時短制度など法律で決まっていることはもちろんのこと、
お祝い金や昇給昇進制度などにより、
結婚子育てがハンディーにならないような制度作り
及び実際に活用しやすい雰囲気作りが大切です。


最近ではこのようなハード面の整備は
大手企業では当たり前になっています。

しかし、その大手企業で働く当の女性たちに訊くと


「でも、うちには女性管理職はいないから、ずっと働くイメージはわかない」
「疲弊している女性上司を見ると、あんなふうにはなりたくないと思う」


など、否定的な答えが多く出てきます。
つまり、身近にロールモデルがいないのです。


「では違う会社や業界で活躍している女性を
ロールモデルとして連れてきて講演会を開きましょう」

などという話になるのですが、
イマイチ効果もなく、なんとなく女性活用の話も立ち消えに・・・。


なんてことはよくある話です。


しかし今日のシンポジウムを聴いていて感じたのは
ロールモデルがいないとしても
トップや上司が本気の期待を本人に繰り返し伝えることの重要性です。

つまり女性たちにロールモデルを見せて、
自主的にキャリア意識を持ってもらうのではなく

上に立つ男性上司たちが
毎日本気の期待を言い続けることで
意識的に女性の意識改革を担っていくのです。


女性は本来とてもまじめで貢献欲が高い生き物です。
相手の期待に応えようと必死に頑張ります。
(相手の期待が本物だと感じればの話ですが)


たとえ、近くにロールモデルがいなくとも
本気で自分に期待してくれる人が一人でもいるならば
やれる気になり、「自分がみんなのモデルになろう」とすら思うはずです。

もちろん、上司が本気の期待を言葉で表していても
その一方で、「寿退社には退職金の割り増し制度がある」
など、結婚退社を奨励するような制度が残っていたら
やる気は台無しですが・・・・。


昨日のシンポジウムである男性が以下のような質問をしました。


「実際に女性を活用しようと思った際、どれくらいのコストと時間が必要でしょうか?


その質問を聞いて、キャシー松井さんが
「コストという表現はふさわしくない。女性が活躍できる職場を作るための
【投資】ではないですか?そういう意識から変えていく必要がある」
と言ってました。


たぶん、この男性は本気で女性活用を考えているからこそ、
大勢の前でこのような質問をしたのだと思います。
しかしその一方で、会社全体として、いや社会全体として
長年にわたり根付いた意識は、
このようなちょっとした言葉にも顕著に表れます。

女性は敏感ですから、すぐに気づきます。

優秀な女性の力を眠らせるのはもったいない。
無理せず長期にわたり女性が自然に活躍できる社会を作るために

周りのみんなが「本気の期待」をかけ続けることは大事だなあと
つくづく思いました。

埼玉県では働く女性応援講座を開催します。

意識が高い女性が集まるので、
中身の濃い講座になること間違いなし!

今から楽しみです♪

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/176


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・