ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

質問の魔力

先週、ある企業で「入社3年目研修」を行ったときのこと、
受講生に聴覚障害をお持ちの方が一人いました。


毎回思うことですが、
障害者の方はとても明るくて一生懸命で、
積極的でバイタリティーがあります。
今回の彼もやはりそうでした。



たぶん今までの人生で辛いことも苦しいことも
たくさんあったと思うのですが
試行錯誤しながらそれらを乗り越える術を身につけたのでしょう。

それがその明るさやひたむきさとして表れているのだと思います。


研修が始まる前に彼と手話通訳の方と、
進め方について簡単な打合せを行いました。

その際「ブログ見ました」と言ってくださいました。
テキストも事前に目を通してきてくださり、大変積極的な印象を持ちました。


途中、「コミュニケーションスキルを高める~聞き上手な人になる」
と題して、ペアで傾聴トレーニングを行ったのですが、
その際に、思い切って彼に質問してみました。


「○○さんは聴覚障害をお持ちですが、
人の話を聴く際に気をつけていることはありますか?」


今、彼にスポットライトを当てることは失礼かもしれないと
少し躊躇しましたが、
でも彼ならきっと素晴らしい答えを持っているに違いないと信じ、
訊いてみました。


するとすぐさま快く答えてくださいました。


「相手の目の動きを注意深く見て、
その人の本当の気持ちを探り、
その気持ちに寄り添う」


しかも、そのときは通訳を介さずにみんなのほうを見て
自分の言葉で身振り手振りを交えながら一生懸命答えてくださいました。


その内容はまさに私が何年もかけて学んでいる
コーチングでいうところの「傾聴」でした。


私たちは耳が聞こえるだけに、それに頼ってしまい、
「目で聴く」「心で聴く」ことができないんですね。

日々実践している彼の言葉は重かった。
感動すると共に、私たちの中で一番の聞き上手は彼だなぁと実感しました。


研修終了後、人事の方から

「あの質問を彼にしてくれてありがとう。
彼も自分の言葉で答えられ、ひと皮むけたと思います」
とおっしゃっていただきました。


いえいえ、ひと皮もふた皮もむけたのは私のほう。
クラス全体が少し近づけた感じがしました。

質問って難しいけど、たくさんの気づきをもたらしますね。

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/171


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・