ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

タクシー運転手さんはイメージガール

私は仕事で地方に行くことが多くあるのですが、
知らない土地では交通手段がよくわからないため
タクシーによく乗ります。

で、いつも思うのですが、
その土地土地によって、
タクシーの運転手さんの雰囲気がまるで違う。

行き先を告げても返事すらせず、
最後まで一言も発しない人、

「こんにちは」「かしこまりました」
「安全運転で参ります」「ありがとうございました」
と、とても礼儀正しい人、

「お客さんは東京から?」「どこ行くの?」「ここは初めて?」
などフレンドリーにアレコレ話しかけてくる人、


話しかけてくる内容も、いろいろで
方言もあってか、
その土地のイメージが私の中で作られるといっても過言ではありません。
特に初めて行くところにおいては。


今週は福島県に行きましたが、
福島県の運転手さんはみんなあったかかったなあ・・・。


最初に乗ったタクシーでは
「急に寒くなったねぇ」なんて話をしたのですが
そのタクシーの運転手さんは
さかんに「東京ではコタツは使わないのか?」
ということを気にしていました。


「うちは、床暖房とホットカーペットだけで、コタツはない」
と言ったら、「へえ!!!、じゃ、どうやって部屋は温めるの?」
とビックリした様子。
「東京はどこの家もそう?」
「家を建てるときに、掘りごたつを作ったりしないの?」
「最近のコタツはとってもよく出来ているのよ」

と、興味深々で質問攻めにあいました。


次の日に乗ったタクシーでは
実は私が行く目的地まで無料シャトルバスがあったみたいで

私が運転手さんに目的地を告げると
「さっき、派手なバスが走ってたでしょ。
あれ乗ればよかったのに。
追っかけていって途中で乗せてもらうか?」
と、とても親切。

そのあとも、目的地に着くまで、ずっと、
福島県のオススメスポットやお料理など、話してくれました。


私が「福島県のタクシー運転手さんって、みなさんあたたかくて親切ですね。
私はいろんな土地でタクシーに乗るので、
その時の運転手さんのイメージが
そのままその土地のイメージになっちゃったりするんですよ。」

と言ったら、
「そうですか?じゃ、あたしたちはイメージガールだねぇ~」
と顔をくしゃくしゃにして笑っていました。

ほんと、そうかも。


でも残念ながら、福島の人は思ったより方言が強くて
運転手さんの話の半分くらいしか
理解できていなかったかもしれない・・・

チグハグな会話ながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/143


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・