ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

姿勢が気持ちを作る

昨年から大手通販会社の会報誌に、
セルフコーチングに関する記事を連載しているのですが
さらに季節ごとにテーマが設定されています。

現在のテーマは
「気持ちを前向きにするには」


前回はこのブログでもご紹介した
「悩みは不毛」を取り上げ、

「悩み時を定めないと、自らムダに気持ちを沈めてしまうよ」

という話をしました。

みなさんは、どんな風に気持ちを前向きに保っていますか?


もうだいぶ前の話になりますが、

ある仕事のプロジェクトで行き詰まり、
暗~い気持ちで、友達に相談していたときのこと、

私が下を向いてドヨ~ンとしていると



「パシャ!!」


いきなり携帯のシャッター音が鳴りました。


「なに?」


と思って顔を上げると、
友達がニヤニヤしながら、その撮った画像を私に見せてくれたのです。


「ほら、見て。いかにも『私、悩んでます』って格好。
全人類の不幸を一人で背負っているって感じだね」


私は一瞬「カチンッ!」と頭にきたけど、
でも、確かに・・・。

彼女の言うとおり。


なんだか、バカバカしくなってきて、思わず2人で笑ってしまいました。


そう、気持ちと姿勢は連動しているのです。


当たり前のことですが、
嫌な気分の時は下を向きがちだったり
良いことがあると、自然と胸をはっていたり
しますよね。


だから、その逆もしかり!
姿勢を正すことで気持ちも前向きになるし、
逆に悪い姿勢は、気持ちも沈める・・・。

たとえば、みなさん


背筋を伸ばし、思いっきり上を向いて
イヤ~な事を考えてみてください。


どおですか?

では次に、


背中を丸めて、下を向いて、
そうそう、どんどん小さくなって、
楽しいことを考えてみてください。


どおですか?


結構難しくありませんか?


私はその友達に教えられました。


すごく簡単なことですが
意識的に良い姿勢を作ることで
気持ちも前向きになれる。

だから沈んだ時こそ姿勢が大切!



他にも私は
ネガティブな感情がわいてきたら
目と眉の間を大きく広げてみます。

だいたい、そういう時は
眉間に皺を寄せて、目と眉の間がせまーくなっていることが多いからです。

誰かと話している時に
相手に対してネガティブな感情がわいてきたときも同じ。

きっと微妙に、顔をしかめていると思うのです。
だからそんなときも、意識的に眉を広げてみる。

そうすると、気持ちも穏やかになり、自分自身リラックスできます。
一歩引いて、感情的にならずに、物事を判断できます。
あっという間に出来て、これは本当に効果大ですよ。

是非お試しください。

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/129


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・