ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

基本動作で差をつける

たまに新卒採用のお手伝いをすることがあります。
この仕事は毎回いろいろと感じることがあるので、
本日はその一つである
「基本動作で差をつける」ことについて話したいと思います。

たとえば学生たち数人でひとグループになり
ある課題について、グループワークをしてもらうことがあります。
私たちアセッサーはその様子を見ながら、
各人の協調性やリーダーシップ力、論理的思考力などを、
チェックしていきます。

何日にもわたって、1000人近い学生さんたちを選考しました。
最初こそ、一つ一つの発言内容や行動パターンを
細かくチェックしていましたが
実際のところ、ほんの数時間で
その人の本質や将来的な可能性まで見抜くことはできません。
では、私たちアセッサーはどんなところを見て評価しているのでしょうか?

満場一致で高い評価を得ていた学生にはある共通点がありました。

「みんなをグイグイ引っ張っていたリーダー」でもなく
「たくさんの高度な知識を披露した人」でもなく
そんなことより、もっと重要なポイントがあります。

それは、「基本的なマナーが出来ている」ということです。
逆を言うと、出来ていない人があまりに多すぎるのです。

基本的なマナーとは、たとえば、

「廊下で人とすれ違ったらあいさつする」
「消しゴムのカスを下に落とさない」
「講師に話しかけるときは
『失礼します。質問よろしいでしょうか?』とまずは相手の許可を得る」
「空のペットボトルやゴミなどを床に放置しない」
「立ち上がったら、椅子を机の中にしまう」
「人を押しわけて前に出ない」
「かばんは机の上に置かずに足元に置く」
「話をしたり聴いたりする時は相手の目を見る」
「何かをしてもらったら御礼を言う」

などです。

どれもこれも、小さい頃に親に言われた『しつけ』のレベルです。
こういった当たり前のことがどの会社でも
みんな全然出来ていないことに正直ビックリしました。

先日お手伝いした会社でも
お休み時間にトイレに行く際、私と廊下ですれ違って
会釈してくれた人は、なんとたったの一人ですよ!
もちろん、すかさず胸名札で、彼の名前をチェックしちゃいました。

でもこれは裏を返せば、他者と差別化するチャンスです。
当たり前のことが当たり前に出来れば、
それだけで好印象♪
第一選考クリア!!間違いなしです。

これから就職活動する皆さんは、
行きたい業界の研究をすることも
先輩社員とのコネクションを持つことも大切ですが、
それ以前に是非こういう基本的動作をみっちり身に着けてください。
小さいときに親に叱られた事柄を思い出してください。

っと言っている私たちベテラン社会人たちも・・・、

これらは何も新卒の学生さんだけに言えることではないですよね。
私たち社会人になっても、同様に思います。

仕事の場面において、
社内で、客先で、マナー違反をしていませんか?
自分の専門性をアピールすることに注力しすぎて
変な日本語使っていませんか?
実績を上げているからといって、
横柄な態度をしていませんか?

人のフリ見て我がフリ直せ!
もう一度自らの言動を点検してみようと
自分自身に言い聞かせた私でした。

ちなみに・・・、
廊下ですれ違ってあいさつしてくれた唯一の学生さんは
そのクラス一番の優秀な成績を残していました。

不思議なことに
この基本動作が出来ている希少な学生さんたちは
全体的にグループワークにおいても
優秀な成績を残していらっしゃいましたね。
世の中、そんなもんなんですね~。

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/48


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・