ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

普通の会話とコーチングの違い

企業でコーチング研修を行う際には
一通り基本的なコーチングスキル
「聴く」「質問する」「承認する」「フィードバックする」
などをお伝えした後、
より実践的に現場で使えるように
ロールプレイング(役割を設定して演じること)を行います。
テーマは様々ですが、大きく分けると二つあります。

1.目標設定型コーチング
例:「営業成績を上げる」「転職する」「資格取得」など
2.問題解決型コーチング
例:「上手くいってない人間関係の修復」「残業時間を減らす」など

基本的にはご本人にテーマを設定してもらい
二人ペアで互いにコーチングします。

そしてロールプレイング終了後
やってみての感想などお聞きするのですが

「難しい」というご意見を多くいただきます。
なにが難しいって、
「聴く」姿勢は結構出来ているようなのですが、
「質問する」のがどうやら難しいようです。

プロカウンセラーのように、
あいづち、うなずきだけで充分相手に話してもらうのは難しく
だから質問して2WAYのコミュニケーションを取らなければなりません。

でも、果たしてどんな質問をしたらコーチングになるのか?
「こうであろう」と想像しながら、なんとか会話してみますが、
結果的にはいつもの会話と同じで、
「果たしてこれでいいのだろうか?」と悩まれてしまうようです。

そんな時私がアドバイスするのは、

「コーチング的な質問などない」

ということです。
どんな質問をしたってOKなのです。

でも、心構えとして大切なことが一つあります。

『相手の話』ではなく『相手自身』に興味を持つ

ということです。

『相手の話』に興味を持つと、
自分が聞きたいことを聞くようになります。
なぜならより正確に細かく聞こうとするので、
自分がわからない部分や情報収集のための質問が多くなるからです。
時には詰問になっていることもあります。

一方『相手自身』に興味を持つと、
相手が話したいことを聞けるようになります。
質問を多用することはなくなります。
たまにする質問も、本当に相手の気付きを生むような
キラークエスチョン(本質的な鋭い質問)だったりするのです。

質問するスキルとして

「オープンクエスチョンを多く使いましょう」
「未来志向の肯定的な質問をしましょう」
チャンクアップとチャンクダウンを意識しましょう」
「スライドアウトで思考を広げましょう」
「時間軸や対象者など視点をずらしましょう」

などいろいろありますが、
私たちプロコーチだって、こういう戦略的な質問を
クライアントの話にあわせてその場で瞬時にチョイスするのに
相当な訓練時間を要しています。

だから、普段の会話で、ほんのちょっとだけ
コーチング゙的な会話をして、相手の気付きを得たいみなさんは、
スキル云々よりも、
『相手自身』に興味を持つことを意識されるといいと思います。
全然会話の質が変わってきます。
是非お試しください。

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/41


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・