ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

ミーコからの幸せ便り2♪

前回に引き続きミーコからのお手紙を紹介します!
写真も届きました。
幸せそうだなあ~。

▼▼▼ここから▼▼▼
ミーコと彼
何か随分と盛り上げて頂きまして。。。。。(^^;

イタリア人といっても家のは少々違うイタリア人で、
もちろん鳥肌が立つようなキザナセリフをたまに言ったりするが、
私がすっごい顔をして睨むので、大分減りました。

イタリア人って聞くとやっぱり
口から出任せばかりのプレイボーイ
というイメージが多いと思うけど、奴は違います。
もっともそうでなかったら私も付き合っておりませんが。

基本的に今回は私見た目で選んでおりません!!
これが成功の秘訣です。はい。(^^

15歳の時に脳腫瘍で手術してから右半分顔が動かないし、

髪の毛ないし、歯並び悪いし(ヨーロッパ人に多いけど。。。)、
背毛生えてるし。。。。
奴の英語なまってるから何言ってるかわかんないし、
最初どーしよーと思ってたんだから。

まあしかし男は見かけでない。
美人は3日で飽きるって言うのと同じで、
やっぱ味がある方が良い。

最初は食い物で釣られました。
2回目のデートの時に、
”僕がご飯を作ってごちそうするから”っつう事で、
ホンマもんのイタリア人の作ってくれたご飯なんて
又と食べるチャンスないという軽い気持ちで、
2回目のデートなのに奴の家まで
のこのこ出向いてご飯食べさせてもらっちゃいました。
いわゆる、胃で釣られたってやつ。

それからあれよあれよと言っている間に一緒に住み始めて、
今に至ります。
奴とはとにかく食が合うのです。
下手な日本人なんかより
よっぽど日本食しかも上手に箸を使ってよく食べます。
とにかく変な外人です。

今や私もハゲが直視できるようになり、
しかも触れるまでに成長しました。(^^

母親に"男の価値は髪の毛では決まらない”
と言われた時は”ごもっとも”と思ったね。
まあ言葉の問題はお互い第二外国語で会話をしている訳だから
もどかしい時も多々あるけど、
言葉がなくても通じるものは通じるのだっということです。

添付の写真は去年の年末年始イタリアに行った時のものです。
一つは奴のお気に入りのローマにあるカフェグレコでの写真、
もう一つはトレビの泉での写真です。

mieko

ミーコと彼2

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/42


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・