ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

失敗体験の後遺症

うちの実家は犬(トイプードル)を3匹飼っています。
もう成犬ですが、たまにいたずらをしたり、
ベッドの上でおしっこをしてしまったりするので、
寝室などには入れないように、
20センチくらいの金網の柵を立てかけています。


本当は相当なジャンプ力がある犬なので、
そんな低い柵では楽々飛び越えてしまうはずなのですが、
でも、飛べません。


なぜならば、まだ小さかった頃から、
部屋に入れないように、その柵を立てかけていたからです。

何度かよじ登ろうとしては柵を倒し、
「バターン」というその大きな音にビックリして
おびえるようになってしまいました。

その失敗体験、恐怖体験から、大きくなった今でも
たかだか20センチの、
単にまたぐだけで通れそうな柵が彼らには通れないのです。

まあ、私たちとしては、大変都合がいいので、
あえて、通れるように訓練したりしないんですけどね。




ところが、先日!


お友達が、犬を連れて遊びに来たときのことです。

その子は、うちの子たちよりまだ小さい子犬なのですけれども、
軽々と、その柵を飛び越えてしまったのです!!


その瞬間を目の当たりにした、うちのワンコたち!


「ハッ!」とした表情で、私と目が合いました。


私も「ハッ!」


母も「ハッ!」

「マズイ!!!」と思った私は、あわてて柵に近づき
わざと、「バターン」と大きな音をたてて、柵を倒し
「怖いよ~、怖いよ~」
と脅かしました。

それが効果を発揮したのかわかりませんが、
近くまでは近づくものの、今までどおり、飛び越えようとはせずに、
戻ってしまいました。

「ホッ・・・」


良かった。
この柵を飛び越えることを覚えてしまったら、
もっと、高い柵を用意しなくちゃならないし、
そうしたら私たちにとっても、邪魔になってしまう。
各部屋をずっと閉め切っているわけにもいかないし。


そんなこんなで、ひとまず、一件落着したのでした。




しかし、私たち人間にも、こういうことってあるよな~
と、ふと、考えてしまいました。


昔、失敗したことが、今もトラウマになっていて
もう昔の自分ではないのだから、
今だったら楽々出来ることだって
自分で出来ないと枠を作ってしまう。
そして、チャレンジしようとすら思わない。

それは、もったいないことですよね。

私がワンコたちの柵をわざと倒して脅かしたように
私たちの周りには
「出来っこないよ~」
「やめたほうがいいよ~」
「また傷つくよ~」
などと、悪魔のささやきをする人や物があふれているかもしれませんが、
それらに打ち勝って、一度過去をゼロリセットして
成功イメージを持ってみるのもいいのではないかと
再チャレンジしてみるのも価値があるのではないかと
そう思うのでした。

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/115


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・