ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

長年の夢は何ですか?

みなさんは、既に今年の目標は決めましたか?
毎年、新年になると気持ちを新たに
「今年の目標」を決めたくなるものですよね。

私にもいろいろあります。
「今年こそはあれもしたい、これもしたいと・・・」

実は毎年同じような夢や目標が掲げられます。
でも、目の前の雑務に追われて結局やらずじまいで
年の暮れを迎えてしまうこともたびたび。
そして毎年反省することになるのです。


私は基本的には目標は、
1月ではなく4月に立てたほうが良いと思っているのですが

●その理由はこちら!●

4月にワンランクアップした毎日を送るためには
やはりこの3ヶ月間にやり残しを一掃しなくてはなりません。

昨年は「自然体でいこう!」と思い、
イメージで言うならば、
ビーチボートに乗っかって、海を遊泳していた感じです。
周りの人の波に多くの影響を受けて
その結果、自分の中にもたくさんの変化があり、
結果的には良い方向に導かれたと思います。

でもこの3ヶ月のやり残し一掃では
昨年よりも少し、意識的に動いてみようかな~
なんていうふうにも考えています。
そして4月から本格的にスタートダッシュ!

それはそうと、
「どんな目標をたてたら良いか」なんですが

やはり、長年やりたかったことだと思います。
自分が長年やりたかったことは、
誰が何と言おうと、やっぱり自分にとっては重要なことなのです。


たとえば、私の両親は
60歳前に引退し、今は郊外で自由気ままな生活を送っていますが、
父の長年の夢は「田舎で畑仕事をすること」

でも結局、母の猛反対により田舎暮らしは実現せず、
妥協案で少しだけ田舎の場所に引越し、
近所に小さな畑を借りて、
トマトやとうもろこし、おくら、キャベツ、だいこん、水菜、ブロッコリーなど
様々な季節の野菜を作っています。


面倒くさがりの父なので、絶対に続くわけないと
みんなから言われていましたが、
予想を裏切り、もう何年も続いています。
こんなご時世ですから、今では父の作る野菜が一番安心して食べられる食材です。

一方母は、これまた若い頃から
「車の免許を取りたい」と言っていたそうで、
みんなから反対されていました。
なぜなら運動オンチの上に、右と左をよく間違えたりもするからです。


でもみんなの反対を押し切り
60歳を過ぎてから、教習所に通いだしました。

絶対に途中で断念すると思われましたが
学科試験のほうは徹夜で勉強して、一発合格し
実施のほうも、7ヶ月かかったものの、無事合格して
見事普通免許を手に入れました。


それでもきっと、運転が怖くてペーパードライバーに
なるに違いないと言われていましたが、
な、なんと、
今では家族の中で一番車に乗っているかもしれません。


毎日の買い物はもちろんのこと、
近所で仲間と飲んでいる父を迎えに行ったり、
スポーツクラブに送っていったり、
私を駅まで迎えに来てくれたり、
犬たちをトリミングに連れて行ったりと
大忙しです。

車の運転が楽しくて楽しくて、大好きなのだそうです。
世界が変わったとすら言っています。

両親をみていると、
やっぱり長年の夢は本物なんだなあと思います。

5年くらい思い続けた夢があれば、それは本物なのではないでしょうか?
今年こそ、それらに挑戦してみてはいかがですか?

(ちなみに私は、まず手始めに、
お正月にペン習字の教科書を買いました。
現在ひそかに練習中です!)

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/92


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・