ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

たかが挨拶、されど挨拶

友人が勤める会社での出来事です。
最近、すごい変化があったそうなのです。

以前からその友人はよく
「うちの会社の雰囲気は最悪!」
と言っていました。

IT系の会社ということもあるのか
個人作業が多く、あまりコミュニケーションをとる機会がない。

彼女が入社したての頃は、毎朝大きな声で
「おはようございます!」と挨拶をしていたそうですが、
誰もあんまり反応してくれないので、
そのうちいつの間にか声が小さくなり、
そして今では挨拶せずに席につくこともしばしば・・・。
「コレじゃいかんなあ」と思っていた矢先、
大阪から新任の課長がやってきました。

その課長、かなり豪快な人で、
年齢40代半ば、身長180センチ、体重は90キロ
ゴルフ焼けの顔は真っ赤っか!
彼女もちょっと引いちゃうくらい大声で話す人だそうです。
当然、その静かな職場には相当な違和感があり、
SEの人たちは迷惑そうでした。
彼女も正直なところ
「ちょっとやっかいな人がきたなあ」と思っていたそうです。

でも、その課長のすばらしいところは、
上司である自分のほうからメンバー全員に、
大きな声で挨拶をすることです。

最初こそ、メンバーのみんなは渋々と
ボソボソ返事をしていたようですが、
徐々に自分たちから挨拶をするようになりました。

メンバーから挨拶された課長は
その声に負けないようにもっと元気に挨拶をし返します。
メンバーもその声に負けないように、
もっと頑張って声を出すようになりました。

そしてさらにその課長のすばらしいところは
挨拶をしないメンバー、またはボソボソ挨拶するメンバー
を叱るのではなく
元気な挨拶をしたメンバーに対し、
ものすごくうれしそうな顔で褒め称えるのだそうです。

「いや~、君の挨拶は気持ちがいいね~!
パッと明るくなるね!」

ほめられた本人は「それほどでも・・・」
と照れくさそうにしていますが
でもそれ以来、もっと大きな声で元気に挨拶するようになりました。

そしてそれを見ている他のメンバーも
負けじとばかりに、どんどん元気に挨拶するようになりました。
どうやったら、もっと最高の挨拶ができるようになるか、
声、表情、姿勢などすべてを研究し、試行錯誤しているかのように、
みんなの挨拶は日々活気付いてきました。

そして、今では日常会話も増え、とっても雰囲気の良い職場になったと
彼女は嬉しそうに話してくれました。
ほんの、3ヶ月前の出来事だそうです。

たかが挨拶、されど挨拶、
やっぱり挨拶の効力ってすごいなあと、
実感した出来事でした。

考えたら当たり前のこと、小学校で習ったこと、
でも出来てない大人が多いのですよね。
あなたの職場はどうですか?
あなたは大きな声で自分から挨拶していますか?

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/5


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・