ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

相手に話させ心をえぐれ

少し前に出版された本ですが、「自分ブランドで勝負しろ!」藤巻幸夫著を読みました。
藤巻さん自らの体験をもとに教訓を書いていて、面白かったです。

その中で、思わずハッとしたのは、
「相手に話させ心をえぐれ」というページ。

「出会いの体験は貴重であり、まずめざすべきは、聞き上手」
とのこと。



聞き上手といえば、まさにコーチングの領域ではないか!


で、興味を持って読んだのですが、
藤巻流のポイントはちょっと違った。

1.会話の中で自分をさらけ出しているか
2.つまらない見栄を張っていないか
3.相手の心をえぐろうとしているか

つまり、自分のことを素直にどんどん話し
自分がわからないことを見栄を張らずにジャンジャン質問し
5W1Hで話題を深めていく
というもの。

私たちコーチは、つい
「自分の聴きたいことではなく、相手の話したいことを聴くようにしましょう」
というセオリーに忠実に従うあまり、
自分を見せることなく、表面的な会話に陥ってしまうことも
あるのではないかと、深く反省しました。

つまり、普段の会話で、コーチングを意識しすぎると
逆に相手と腹を割って話せなくなる可能性が高い。
なんか、相手に壁を感じさせてしまうというか。

聴き上手も良いけれど、

「聞いて聞いて!私のこともっと知って!」と
貪欲に発信することで、その人となりが伝わり、
「自分ブランド」が築ける。

相手も心を開いてくれるもの。


職業病にならないように、気をつけなくっちゃ!
と改めて思いました。

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/102


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・