ホーム

セルフコーチング

ブログ

研修・講演

取材・執筆依頼

プロフィール

お知らせ

アイデアがひらめくには!?

何年か前に出版した本ですが、「考具」加藤昌治著を読みました。

次から次へとアイデアを作り出しヒット商品を生み出す専門家
が書いたアイデアの出し方、企画の作り方の本です。

私は「無」から何かを生み出すのが苦手であったり
人よりもアイデアに乏しいような気がするので、
是非何かのヒントになればと思い、読んでみました。

とても読みやすく、そして私たち一般人にもわかりやすい内容なので
とても多くの気付きを得ました。

特にためになったのは、

情報の仕入れ方

です。

「アイデアを生み出し、それを企画に仕立てて
商品化するには、その前段階として、
自分の中にたくさんの情報を仕入れておかなければならない」

という、あまりにも当たり前のことに、
今更ながら気付いてしまいました。

ではどんな情報収集の方法があるのか?
それが考具です。

私たちは五感を活用して情報収集できますが、
その中でも特に活用しているのが、視覚と聴覚でしょう。

まず最初に、視覚を使った「考具」として
「カラーバス」という方法が紹介されていました。

「今日のラッキーカラーは赤」というふうに色を決めて、
家を出発します。
街中、デパート、職場などで赤い色のものを片っ端から探していくのです。
同じ赤でも「看板」「洋服」「車」「信号」というふうに
まったくジャンルが異なります。
この一見全く結びつかない物たちを集めることで、
意外なヒントやアイデアがわくそうです。

普段何気なく過ぎてしまう情報の数々。
このように考えると、
ボーッと見過ごしていたらもったいないですよね。

早速実験しました!
「カラーバス」、なかなかおもしろい!!
駅から家まで帰るほんの10分間ですが、
かなりいろんなグッズを街中で見かけました。
ついでに写メも撮っちゃいました。

まだこれらのグッズをどう結び付けるかは不明・・・。

でも、これでいいんです!
今すぐに何も思いつかなくても結構。
頭の片隅に情報として蓄積されます。
それが必要なときに必要な形で出てくるのでしょう。

まずはどんな情報が欲しいのか意識を持つことが重要です。
意識を持つことを、専門用語では
「レセプターが開く」といいます。

レセプターが開くと、
その意識に関する必要な情報がどんどん入ってきます。


たとえば!
みなさん、目を閉じてください。
そして今、部屋の中にある緑色のモノを思い出してみてください。
さあ、部屋にはどんな緑色のモノがありましたか?
どれくらい覚えていますか?

さて、目を開けて辺りを見渡します。
いかがでしょうか?
次から次へと今まで気付かなかった緑色のモノが
目に飛び込んでくるのではないでしょうか?
意外と周りを見ているようで見ていなかった自分に気づくのではないでしょうか?

このように私たちは、たとえ目には映っていても
意識しない情報は情報としてインプットされず、
意識して初めてそれに関する情報を認識するのです。

だから、今までとは違う意識を持って、
つまり違うレセプターを開いて
違う情報を得てみましょう。
それが脳をブラッシュアップさせ、
アイデアのひらめきへとつながるかもしれません。

トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL :
http://www.selfcoachingcafe.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/9


セルフコーチングコンサルタント早川 優子

早川 優子

セルフコーチングで人生が変わりました・・・

さらに詳しく・・・


夢が実現する9つのルール

夢が実現する9つのルール

さらに詳しく・・・